FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索クエリの詳細なログ

さて、SharePointネタ2つ目。

ネタはいろいろあるような気はするのに、中々まとまりません。
文才がほすぃ……。


そんなこんなで、今日のネタは検索クエリのログについて。


検索クエリのログを保存するには
[サーバーの全体管理]→[共有サービス管理]→[利用状況のレポートの処理設定]
から「検索クエリのログ記録」を有効にします。

そうすると、サイトコレクションの設定画面などから検索のログを見る事が出来るようになります。


……が、もっと詳しくログを解析したい場合、SQLServerのテーブルに保存されているログを直接見る事も出来ます。


場所はコンテンツDBの「MSSQLog」テーブル。
メインはココです。


1回の検索実行につき、1レコードが保存されています。
ページ送りをしても1レコード挿入されます。

なので、1回の検索=1レコードではありません。
……え?変じゃない?って思いますが、そうなっています。

ページ送り以外にもよく分からないタイミングでレコードが増えているような気がします。
……正直、完全に解析はできていませんorz

とりあえず自社で必要なところだけ解析したので……。


MSSQLogテーブルの列で使えそうなのは

queryId検索文字列(「MSSQLogQueyString」テーブルに対応)
clickedUrlIdクリックしたURL(「MSSLogUrl」テーブルに対応)
numResults検索結果の件数
searchTime検索日
continuedページ送りをしたかどうか(???)
contectualScopeId検索範囲(「MSSLogContextualScope」テーブルに対応)


この辺?

列の中身も完全には解析してません……。
難解っす(--)


とにかくこのあたりに保存されているので、必要な方は解析してみて下さい。(投げやり)


ていうか、レポートに出る検索件数って、ここのレコード数が出ている気がするんですが……。
ページ送りするたびに検索1回と数えられてたら、それって検索の集計としてどうなの?って気がします。

検索結果の多い検索語句でページ送りしまくったらその語句が上位に来ちゃうって事ですよね??

ダメじゃん……。



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sharepointyuzuki.blog54.fc2.com/tb.php/3-d71ae140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライブラリに保存したファイルの名称について小ネタ «  | BLOG TOP |  » シソーラスファイルの編集時の注意点

プロフィール

柚木

Author:柚木
コメント・トラックバックなどお気軽にどうぞ(^^)

連絡先:yuzuki-sharepoint★mail.goo.ne.jp(★を@に変換)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リスト・ライブラリ (9)
検索関連 (3)
管理設定 (0)
開発 (14)
その他 (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。