FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列を非表示にする - その2

おはぎウマウマ……w

あ、Sharepointと関係ないですけど今日食べたおはぎがおいしかったんです……w
スーパーで100円で買ったおはぎ(きな粉)ですけどね(・∀・)

また買ってこようっとw


さて本題。

以前書いたこの記事ですが、これはVisualStudioを使用しないと実現できません。

VisualStudioを使わずに何とかしたい!と言う方の為に、別の方法を。

この方法は、非表示に設定した列を含んだリストテンプレートを作成します。
なので、今使用しているリストに対して適応する事は出来ません。

まず、リストに必要な列を作成しておきます。
20100416_1.jpg

そのリストをテンプレート保存し、リストテンプレートギャラリーからダウンロードします。
すると拡張子がstpというファイルがダウンロードされます。

このファイルの正体はcabファイル(圧縮ファイル)です。
と言うわけで、拡張子をcabに変更して解凍します。

するとmanifest.xmlというファイルが現れます。
これがリストの構造ファイルです。

このファイルを編集するのですが、XMLファイルを編集するのにお勧めのソフトはXML Notepad。
ココからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=72d6aa49-787d-4118-ba5f-4f30fe913628&DisplayLang=en

XML Notepadでファイルを開きます。

この中から列の情報を定義している部分を探しだします。

ListTemplate > UserLists > List > MetaData > Fields >

のどこかにあります。
20100416_3.jpg

ココに、編集フォームに非表示という属性を追加してみます。
20100416_4.jpg

ShowInEditForm=FALSEを追加しました。
20100416_5.jpg

ファイルを保存します。

このファイルを再びcabに圧縮し、拡張子をstpに変更します。
そして、リストテンプレートギャラリーにアップロード。

このテンプレートを使用してリストを新しく作成。

これで新規フォーム、表示フォームには表示、編集フォームには非表示の「Group1」列を持ったリストが作成できました。


このmanifest.xmlファイルは見てみると色々と見えて面白いです^^

かなり疲れますけどね・・・w

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sharepointyuzuki.blog54.fc2.com/tb.php/15-44dc72c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カスケード分類作ってみた! «  | BLOG TOP |  » ドキュメントライブラリでリッチテキスト列を使用する

プロフィール

柚木

Author:柚木
コメント・トラックバックなどお気軽にどうぞ(^^)

連絡先:yuzuki-sharepoint★mail.goo.ne.jp(★を@に変換)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リスト・ライブラリ (9)
検索関連 (3)
管理設定 (0)
開発 (14)
その他 (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。